あらためて学ぶ不動産とは

不動産取引には専門知識を要する

不動産取引には専門知識を要する 不動産取引には専門知識が必要です。その多くは法律に関することです。不動産取引で必要となる法律は、民法、不動産登記法、借地借家法があります。
民法には取引の基本が書かれています。債権や瑕疵に関することなど、取引には欠かせない項目が並びます。不動産登記法には、保存登記や所有権の移転登記の内容が含まれています。
借地借家法は、土地や建物を貸す場合の約束事が決められています。さらに、都市計画法や建築基準法の知識も必要です。物件の価値はその物件が持つ法的な可能性を知る必要があります。
取引に関しては宅地建物取引業法が関わりを持ちます。媒介契約に関することや、仲介手数料に関することなど、専門的な知識が得られます。取引を担当する場合の専門資格は宅地建物取引士です。
受験資格のハードルは低い反面、受験倍率は高く、難関資格の一つとされています。受験する場合は多方面の勉強が必要です。過去問を中心とした勉強により、合格の可能性が開けます。

不動産のデータベースに入力されていない情報

不動産のデータベースに入力されていない情報 不動産の情報は、データベースを見るとかなりのことがわかります。
一般人の人は、国土交通省のサイトや、大手の不動産会社の公式ホームページなどをチェックして、情報を入手するでしょう。しかし、一般に公開されているデータには限りがあります。
不動産業者ならば、登録をしている業者でしか見られないようなデータベースを見ることができます。
そこで見られるデータとは、過去の物件の成約価格や、売買価格などになります。
データではわからない情報としては、部屋の内部の状態、近隣の施設、日当たりの良さ、騒音の有無などになります。
近くに工場があって、夜に騒音があるが、見学をしたのは昼であったためにわからなかったということもあります。
なるべく昼だけでなく、夜などにも周辺を回ってみるのが良いでしょう。実際に見学することで安心してしまう人がいますが、時間帯によって周辺環境は変わってきますので、しっかりとチェックをしておきましょう。

新着情報

◎2017/12/20

不動産物件を更新する
の情報を更新しました。

◎2017/10/18

投資の対象としての不動産
の情報を更新しました。

◎2017/8/30

不動産取得税の算出方法
の情報を更新しました。

◎2017/6/21

取引には専門知識を要する
の情報を更新しました。

◎2017/4/26

古民家不動産特集
の情報を更新しました。

◎2017/2/7

不動産は仲介業者で探す
の情報を更新しました。

「不動産 知識」
に関連するツイート
Twitter